青山の美容クリニックで二重の埋没法を受けてみた

一重まぶたであることが悩み

カウニスクリニック / 東京青山クリニックの腫れにくい埋没法

子供の時から一重まぶたであることが悩みで、芸能人のようなパッチリとした二重まぶたに憧れて普段アイメイクをする時には必ずアイプチや、二重シールなどを使用して擬似的に二重まぶたを作っていました。
ただ目元は皮膚が薄くて非常にデリケートな部分でもあるので毎日繰り返しプッシャーで押し付けていたことが原因なのか、目元に細かな小じわが付いてしまっていることに気付いてしまい、このままではいけないとアイプチを使用するのは止めて、二重治療を受けることを決心しました。
ただ二重の治療といえばメスを使用した切開しかないとイメージしていたので、かなり気合を入れてカウンセリングを受けたのですが、青山にある美容クリニックでは二重治療には確実で理想的な二重まぶたが作れる切開法の他に、メスを一切使用しない切らない二重治療もあると提案してもらったので、切らない治療が受けられるのならと説明を聞くことにしました。
今回医師の方に提案してもらったのが「埋没法」で、まぶたを糸で留めることによって二重を作ることが可能で、説明によると痛みが苦手という人も手軽に行えるので二重治療を受けるという方の多くがこの治療を受けていると知り、これならば気軽に受けられると思い施術を受けることに決めました。
ただ施術を受ける上で必要となるのがまぶたの皮膚があまり余っておらず、厚みがあまりない人に限定されています。

一重まぶたであることが悩み糸だけでは皮膚を支えきることが出来ない埋没法は理想的な治療方法